1. ホーム
  2. 疑問・悩み
  3. ≫ビタミン過剰症ってどんな症状?1日の摂取目安は?対策を解説!

ビタミン過剰症ってどんな症状?1日の摂取目安は?対策を解説!

ミネラル成分やビタミン成分などの栄養素は、毎日を健康的に過ごす非常に重要な体の源になってくれる栄養成分ですが、ミネラル成分やビタミン成分を過剰に摂取してしまうとビタミン過剰症と呼ばれる症状を引き起こしてしまう危険性があります。

「最近お肌の調子がよくないから野菜をたくさん食べよっと」と出来る限り健康的な食生活を意識していたり、毎日サプリメント等を精力的に摂取しているのになんだか思っているような効果が体感出来ない場合は、ビタミン過剰症になっているかも知れません(´;ω;`)ウッ…

ビタミン過剰症の効果的な対策を早速確認してみる。

2種類のビタミン成分とビタミン過剰症の症状

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン

水溶性ビタミン 脂溶性ビタミン
余分なビタミンの行き先おしっこや毛穴から排出される。肝臓・小腸等に蓄積される
特徴的なビタミン成分ビタミンC・ビタミンB群ビタミンA・ビタミンD等

上の表でも紹介している通り、おしっこや汗と一緒に体の外に排出されるビタミンCやビタミンB群などに代表される水溶性ビタミン成分は、仮に基準値より多く摂取していても体に害は無いことが多い為、あまり気にしする必要ありませんが、肝臓や小腸等に蓄積され体内に影響を与える特徴を持つビタミンAやビタミンD・ビタミンE等のビタミン成分は、過剰に摂取してしまうと副作用の危険性があります。

 

つまりビタミン過剰症とは、脂溶性ビタミン成分の過剰摂取による副作用なのです。

つまり、多くのフルーツなどに配合されているビタミンCやビタミンB群が配合されている豆類・牛乳などといった食品を過剰に服用していても、ビタミン過剰症には一切ありませんので安心してくださいね(^^)

 

あくまであなたが気をつけるべき成分は、多くの野菜にまんべんなく配合されているビタミンAやビタミンD等と言った脂溶性ビタミン成分のみとなっており、あなたが健康や美容のために上の表で紹介している脂溶性ビタミン成分を多く含んでいるようなサプリメントや飲み物を日常的に飲んでいるのであれば、ビタミン過剰症になっている可能性が高いと言えますね(´;ω;`)ウッ…

脂溶性ビタミン成分を多く含んでいる食材
  • 鳥の肝臓
  • 豚の肝臓
  • うなぎ
お肌の為にビタミンCはガンガン取り込みましょう♡

 

代表的な症状は頭痛・嘔吐・原因不明な疲れ

立ちくらみを改善する為には栄養価の高い食事から

もしかしたら勘の鋭い方は気がついたかも知れませんが、ビタミン過剰症の症状とは肝機能が低下することで起こり得る症状でもあるのです。

脂溶性ビタミン成分は、上でも紹介している通り主に肝臓に蓄積されていきますので脂溶性ビタミン成功がどんどん肝臓を圧迫してしまうと、本来の肝臓の働きが出来ない状態が続いてしまいますので、題名で紹介しているような副作用が起こってしまうのです(´;ω;`)ウッ…

 

つまりビタミン過剰症とは、嘔吐や頭痛等といった比較的ライトな臭いを発生させてしまう危険性のみならず、肝臓の機能を著しく低下させてしまいますので、ビタミン過剰症を放置してしまうと、重大な病気の引き金になってしまう可能性すらあります( ˘ω˘)

肝臓は、アルコールや体内に残っている老廃物を分解して、身体に悪影響を与えるないように体の外に排出してくれて非常に重要な働きをもっている為、この機能からビタミン過剰症により、連続に働かなくなってしまうと・・・考えただけでも恐ろしいですよね(´;ω;`)ウッ…

 

ビタミン過剰症にならない為の対策

1日の摂取量を確認する

ビタミン過剰症になってしまう大きな原因は、ビタミンAやビタミンD等の脂溶性ビタミン成分の過剰摂取である事は先程お伝えしている通りですので、一番効果的な対策は脂溶性ビタミンの摂取量を意識して取り込むことです。

過剰に摂取してしまうとあらゆる病気の引き金となってしまう可能性がある脂溶性ビタミン成分ですが、適度に摂取することで血糖値の上昇を抑えてくれる働きやお肌のシミ・シワを改善してくれる働きが期待出来る等、毎日を健康的に活動する上で重要なビタミン成分の一つですので、あまり怖がらずに摂取しておきたい成分の一つでもありますヾ(*´∀`*)ノ!!

ビタミンAビタミンDビタミンE
1歳〜7歳900ugRAE40μg350mg
8歳〜18歳2,500ugRAE100μg750mg
20歳〜40歳2,700ugRAE100μg900mg

http://www.glico.co.jp/navi/e07-2.html

 

40歳までの摂取耐容上限量を紹介しましたが、40歳以降からは緩やかな下り坂となっており、40歳〜60歳以上は8歳〜18歳までの摂取上限量を参考にして頂ければ一目瞭然です(^^)!!

この上限量を数ヶ月間毎日超えてしまうと、肝臓に脂溶性ビタミン成分が留まってしまっう為、上の表の上限量を超えない程度に摂取する事が非常に重要なのです。

どの食材にどのくらい脂溶性ビタミン成分が含まれているの?

次に確認することは【食べ物に含まれている栄養成分量】だよね♡

 

サプリメントや飲み物でしたら、栄養成分は商品パッケージの裏面に記載されていますので、簡単に脂溶性ビタミン成分量を知る事ができますが、食べ物では賞味期限はキチンと記載されていても、栄養成分までは当然書いていません(笑)

そこで簡単に配合されている栄養成分について紹介しますと、ビタミンAが豊富に配合されているレバーでしたら1食あたり2000ugRAE程度で、1日に1食分のレバーを摂るだけで体内感覚では充分過ぎる程の栄養成分を摂取しています(^^)♪

 

ビタミンDの宝庫でもあるあんこうでしたら1食あたり55μg程度・ビタミンEが多く含まれているアーモンドでしたら1食あたり4,1mg程度ですので、ビタミンDとビタミンEがはさほど意識しなくてもビタミン過剰症にはなり辛いことが判明しましたヾ(*´∀`*)ノ!!

つまり気をつけるべき食べ物は1食で1日分のビタミンAを含んでいるレバー・鳥肝臓等の食材ですね(^^)♪

 

バランス良く栄養成分を吸収する

バランス良く栄養成分を吸収することが健康への第一歩です♡

 

食べ物に多く含まれているビタミンAには気をつけるべきですが、ビタミンAも身体の成長をサポートしてくれる上で非常に重要な栄養成分には違いありません。

そこであなたに普段から意識して欲しい事は【満遍なく栄養成分を取り込むこと】なのです。

 

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンを同じくらい摂取することにより、水溶性ビタミンの働きの一つでもある余分なビタミンを体外に排出してくれる効果によって脂溶性ビタミン成分も同時に体外に流れやすい状態を創り出すことが出来ますし、水溶性ビタミンばかり摂取しても、あなたが求めている健康的な身体を創り出す事は難しいでしょう。

ビタミン過剰症にならなくする方法は、脂溶性ビタミン成分の過剰摂取を控えることですが、栄養素の働きによって健康効果・美肌効果を得たいのであれば両ビタミン成分を同じくらい取り込むことが必須なのです。

 

ビタミン過剰症になり辛く、効率的に栄養成分を吸収する方法とは?

美味しい青汁の飲み方

そこであなたに一度試して欲しい栄養成分の摂取方法こそ、当サイトで厳選紹介している日本が誇る健康ドリンクの【青汁】なんです♪

 

青汁には、水溶性ビタミン・脂溶性ビタミンは当然ながら腸内環境を改善作用・糖分の吸収を緩やかにしてくれる食物繊維や、女性に多い立ちくらみを予防・改善してくれる鉄分を多く含んでいる青汁等、とっても栄養成分のバランスが良いのが最大の魅力ですヾ(*´∀`*)ノ!!

ビタミン過剰症の原因は一部の栄養成分の過剰摂取にありますが、青汁でしたらビタミン成分・ミネラル成分など身体に良い影響を与えてくれる栄養成分が満遍な配合されている為、栄養成分の過剰摂取の心配が限りなくゼロに等しいと言えますね♪

 

〜あなたにおすすめの青汁はこちらからご確認頂けます〜
  1. 栄養成分のバランスが良く定番の青汁が良いのであれば、大麦若葉を配合している青汁がおすすめです♪
  2. 内容量は少ないが、「とりあえず飲んだことないからお試し感覚で・・・」なあなたにはお試し青汁ランキングで紹介している商品が相性抜群でしょう。
  3. 苦味・臭みが苦手でしたら芸能人を中心に人気が高いフルーツ青汁ランキングで紹介している青汁がおすすめです!

シェアして頂くと更新頻度が劇的に向上します!