青汁の注意すべき副作用・デメリットはココで確認!

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ayumi.png” name=”妻”]私も青汁を飲む前は青汁って副作用ないの?って心配だったわ・・・[/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”raito.png” name=”夫”]青汁を飲む上で一番始めに知りたい情報でもあるよね♪[/speech_bubble]

健康食品を取り込む上で気になる事と言えば【その商品は本当に安全?気をつけるべき副作用はあるの?】ですよね。

青汁は総合的なデトックス効果が期待出来る健康ドリンクですので、薬品とは全く違う性質の為あなたが想像しているような危険な副作用はありませんが、これから青汁生活を始めるにあたってあなたに理解してもらいたい注意すべき事柄は残念ながらあるのです(*^^*)

 

そこでこの記事では、初めて何か健康効果に特化した商品を購入する際に一番気になる注意すべき事を少し大袈裟に説明していきますので、過剰に不安に感じる事はありませんがキチンとデメリットについて理解してもらい、快適な青汁ライフを過ごす事が出来れば幸いです(^o^)

 

あなたに気をつけて欲しいデメリット

飲み過ぎると下痢になる可能性がある

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ayumi.png” name=”妻”]???健康効果に優れている青汁でなんで下痢になる可能性があるの?[/speech_bubble]

と私の妻みたく疑問に感じてしまうかも知れませんが、青汁が下痢になる可能性を秘めている最大の理由は【食物繊維が豊富に配合されている】事と関係します。

syokumotus

上の画像のように食物繊維は体内の水分を吸収して便を肥大化させてくれる効果があり、通常より早いペースで排便を促進してくれますが、過剰に青汁を飲んでしまうと消化が良くなり過ぎてしまう為かなり早いペースで排便するようになります。

このかなり早いペースの事を一般的には【下痢症状】とお伝えしていますが、青汁の下痢は健康過ぎる事から発生する良い下痢とも考える事が出来ますよね♪

通常の下痢青汁下痢
理由腸内環境の悪化食物繊維を取りすぎた事により排便するペースが格段に上がった
対処方法指定薬品の摂取・食生活の改善青汁摂取量を減らす事で改善出来ます
[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”raito.png” name=”夫”]飲み過ぎには注意して下さい。[/speech_bubble]

青汁夫婦の飲み方|不味い青汁でもゴクゴク飲める!でも詳しい飲み方について説明していますが1日500ml程度を目安にして飲んでもらうと程よく食物繊維が腸内環境を改善してくれる為下痢になりにくく青汁のデトックス効果のみを体験する事が出来るでしょう(^o^)

 

初心者は常温状態で飲むのは危険?

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ayumi.png” name=”妻”]初めて飲んだ青汁がケールたっぷりの常温青汁・・・人間が飲むドリンクじゃないと感じたわ・・・[/speech_bubble]

これはデメリットと呼べるのは定かではありませんが、初めて青汁を飲む上で常温状態で飲む事は私の経験上から見てもとっても危険。

 

その理由は【不味くて飲めない】

確かに青汁は常温状態の方が細胞内への浸透力が上がりますし、腸内環境改善化という意味でも冷水はお腹を下してしまう可能性がある事から、青汁ベテラン勢になると常温で飲んでいる人が圧倒的に多いですし、私も大半は常温状態で飲んでいます。

 

しかし一番始めは青汁成分を毎日取り込む事を重視するべきですし、冷水状態の青汁でもガブガブ飲み過ぎ無ければ下痢症状を引き起こす心配はほとんど無いと言えるでしょう。

1杯60円〜100円程度で手軽に始めれる事が出来るのが人気の秘密でもある青汁ですが、まずは冷水割・牛乳割りなど飲みやすい状態で体内に取り込む事がお金をドブに捨てないリスクの無い飲み方と言えるでしょう。

 

青汁を飲み過ぎるとおしっこがたくさん出る場合があります

代表的な青汁に配合にされている成分でもあるケール・明日葉には、体内の老化現状を抑えてくれる抗酸化作用があります。

この抗酸化作用とは、腸内環境の悪化させている原因でもある悪玉菌を撃退してくれる作用で悪玉菌を無害なお水に変換してくれる効果が期待出来ます。

 

そして、無害なお水に変換された悪玉菌は汗やおしっことなり体内に洗い流す必要がある為、「青汁を飲んだらおしっこがたくさん出るようになった」と感じるのです。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ayumi.png” name=”妻”]私は正確に数えてないけど、以前よりたくさんトイレに駆け込んでいるよ[/speech_bubble]

 

つまり青汁を飲んで頻尿になるケースは腸内環境がそもそも悪化している場合が多く、体を健康状態に近づけてくれている分かりやすい効果でもあるので、デメリットでもありメリットでもあります。

 

青汁を飲んでから体が軽くなった!

以前より食欲が増えたように感じる。

体重以上に見た目の変化がある!

化粧ノリが以前と変わった!

 

などが一般的に青汁のメリットでもある効果ですが、この効果を感じれるのは飲み始めてから数ヶ月程度経過しないと目に見えて分かりませんので、青汁初心者のあなたは不安に感じてしまうと思います。

 

しかしトイレに行く回数が以前より圧倒的に増えたのなら「青汁が体内環境を改善してくれているんだッ!」と青汁効果を実感出来ますよね(^o^)

一応豆知識程度で覚えておいてもらえると、より安心して青汁を飲めますよ(^o^)

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”raito.png” name=”夫”]個人的に飲んでから3時間程度経過してから尿意を感じる事が多かったので、営業などいつでもトイレに行ける環境に居ない方は青汁を飲む時間帯にも一応気を使った方が良いでしょう。[/speech_bubble]

 

肝臓の弱い人はあまり飲みすぎない方が良い

全ての青汁に共通した配合されているカリウム。

体内の老廃物を洗い流してくれたり・ダイエット効果・アンチエイジング効果・体内の塩分が体外に排出してくれる働きがある健康効果を感じる上で重要な成分ですが、肝臓が弱い人はカリウムを上手く排出する事が困難となり高カルシウム血症の危険性が高まりますので、品質の高い青汁をガブガブ飲む事は控えた方が賢明。

ガブガブ・・・とは具体的に1日2L以上の青汁を数ヶ月間に渡って飲むと危険性が高まりますが、基本的に青汁を2L以上毎日飲む人は居ないと思うので、一応参考程度に覚えてもらっている程度の認識で問題ないでしょう。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ayumi.png” name=”妻”]過剰に不安を煽るサイトが多いけど、1日500ml〜1,000ml程度なら全く問題ないよ!【念の為】程度に考えてね♪[/speech_bubble]

 

 

青汁のデメリットは栄養成分が高すぎる事が最大の原因

kenko

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ayumi.png” name=”妻”]栄養成分がたくさん配合去れ過ぎててデメリットの危険性があるってなんだか変な話しだけどね♪[/speech_bubble]

 

青汁を1日一杯飲むだけで1日に摂取すべき栄養成分を全て補う事が出来ると言われている青汁の効果。

健康を特に意識している人は高確率で飲んでいる事が多く、最近では若い人からも青汁がとっても人気が高いんです。

どんな栄養成分でも取り過ぎると悪影響がある事を理解した上で、毎日コップ1杯の青汁を飲む事から健康を意識してみましょう(^o^)