【粉末青汁活用術】栄養成分を破壊しない飲む以外の青汁の使い方

粉末青汁の便利な使い方

[d_photo_frame type=”map_pin” color=”blue”]粉末青汁の便利な使い方
[/d_photo_frame]

※高齢者におすすめ青汁のサントリー健康道場の内容量

【青汁=ゴクゴク飲める液体タイプの栄養ドリンク】と認知している方も多いかと思いますが、液体タイプの青汁は粉末状になった青汁をお水や牛乳等で割って飲む粉末タイプの青汁を利用する必要があります。

青汁には粉末タイプ以外に出先でも簡単に野菜栄養成分を吸収出来るサプリメントタイプや、子供や苦味成分が苦手なジュレ(ゼリー)タイプの青汁等も人気が高いのですが、一番販売されている種類が多く、栄養価の高い青菜植物がふんだんに配合されている定番青汁こそ、粉末青汁なのです。

 

そんな粉末状青汁は、お水や乳製品等で割って飲む方法以外に、様々な飲み方・栄養成分摂取方法があるのをご存知でしょうか(^^)?

そんなあなたの参考になるように様々な粉末青汁の使い方・摂取方法についてご紹介していきますヾ(*´∀`*)ノ

こんな事にまで?栄養成分を破壊しない粉末青汁活用方法

フルーツジュースに混ぜて飲む

[d_photo_frame type=”map_pin” color=”blue”]粉末青汁とフレッシュジュース[/d_photo_frame] [speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”ayumi.png” name=”妻”]濃いめのフレッシュジュースと混ぜて飲むのがポイントだよ♡[/speech_bubble]

 

一般的に粉末青汁の飲み方といえば、お水や人肌程度に温めた白湯、乳酸菌や栄養成分を多く含んだ牛乳などで割って飲む方法かと思いますが、配合されている栄養成分によっては無味のお水などで割って飲んでしまうと、青汁特有の苦味成分を感じてしまう可能性が少なからずあります。

青汁愛用者の多くが、この苦味成分を好意的に感じている方が多いのは事実ですが青汁を初めて飲む方からすれば少し苦味成分にびっくりしてしまい非日常的に飲むことが困難に感じてしまう可能性が高いのも事実なのです。

 

青汁は確かに腸内環境を改善してくれる働きを持つ食物繊維や、ミネラル成分・ビタミン成分を多く含んでいる健康ドリンクですが、最低でも数ヶ月間程度は日常的に飲まないとあなたが期待しているような効果が体感出来ない可能性が高いのです(´;ω;`)ウッ…

そんな時には、フルーツジュースと粉末青汁を混ぜて飲むのがおすすめですよ♪

 

青汁の臭みがフルーツジュースの果汁エキスと混ざる事により、苦味成分をあまり感じなくなるばかりか、フルーツジュースに含まれているビタミン成分も取り込む事が可能となり、お肌と体内環境改善に役立つのです。

フルーツジュース等で割って飲む際には、苦味が強いケース配合青汁じゃなく粉末青汁の中でも、比較的飲みやすい青汁として定評があるフルーツタイプの青汁を購入すると良いでしょう(^^)!!

 

置き換えダイエットとしても人気が高い青汁スープ

[d_photo_frame type=”map_pin” color=”blue”]置き換えダイエットとしても人気が高いスープ青汁[/d_photo_frame]

上で解説している粉末青汁活用方法は、液体ドリンクとして利用する通常の粉末青汁利用方法と良く似た利用方法ですので、なんとなく想像に付いた方も大勢いるでしょうが、粉末青汁をスープ状にして利用する方法はあまり知られていない利用価値の高い活用術なのではないでしょうか(^^)?

青汁スープのみならず、置き換えダイエットとして作った経験のある方も多いスープは栄養成分の高い粉末青汁を利用する事でより一層美味しく、腹持ちが良く食物繊維・ミネラル成分を吸収可能です。

 

主に女性向けの粉末青汁活用術となっており、50ml〜80ml程度のお湯と粉末青汁を入れ固形状のコンソメを入れると、おそらく貴方が想像している以上に美味しいスープの出来上がりです♪

その際に便秘気味の方でしたら、不溶性食物繊維の宝庫でもあるサツマイモを入れて飲むとより一層期待している効果を体感出来る可能性が高まりますヾ(*´∀`*)ノ!!

サツマイモを入れる事で腹持ちが格段に良くなり、青汁ダイエットとしても非常におすすめ出来る粉末青汁活用術です(^^)

 

あまり加熱しない料理へ利用する

粉末青汁は、サプリタイプ・ジュレ(ゼリータイプ)の青汁とは異なり、極度に加熱(沸騰)してしまうと、熱に弱いビタミン・ミネラル成分が破壊されてしまう可能性が高まりますので、料理に粉末青汁を活用するのであれば、あまり熱を加えない方法で利用すると良いでしょうね(^^)

また、青汁を含む青菜植物はオリーブオイルとの相性が非常に良い為、冷製パスタやサラダとして利用されているカフェが青汁人気の影響からか増えてきており、粉末青汁は彩りを添える意味でもとても利用し易いことも人気の秘密の一つです。

 

ヨーグルト等乳製品と青汁の相性もとても良い為、ヨーグルトに砂糖の代わりとして振りかけて健康的に毎朝食べている方も多いようですが、乳酸菌と青汁が一つの商品として【乳酸菌入り青汁】が販売されていますので、乳酸菌目的でヨーグルトと青汁の活用を検討しているのであれば、乳酸菌入り青汁の利用がおすすめですよ♪

 

男性必見!アルコールに粉末青汁を混ぜて飲む

[d_photo_frame type=”map_pin” color=”blue”]お酒にも粉末青汁は効果的なんです♪[/d_photo_frame]

※生青汁の公式サイトより引用

青汁には年齢とともにどんどん上昇してしまう血糖値を抑えてくれる働きが期待できる栄養ドリンクですので、アルコールを日常的に摂取している方に非常にお勧めできる商品となっています(^^)

そのため基本的に青汁によって体内環境を改善したい場合は、出来る限りアルコールなどを控えた方が良い効果を体感できる場合がほとんどなのです。

 

しかしながら、11日の終わりに毎日の晩酌を日常的に行っている方からすればアルコールは正直切っても切れない関係ですよね( ˘ω˘)

そんな時におすすめできる粉末青汁の活用術こそ、焼酎や白ワインなどと割って飲む粉末青汁の利用方法なのです。

 

粉末青汁はアルコールと割って飲むことであまり適さない商品が多いのですが、アルコールと割って飲むことを前提に販売されている生の乳酸菌と生の酵素が唯一配合の生青汁が非常にお勧めですヾ(*´∀`*)ノ

一般的に販売されている青汁の多くが製造する段階で熱を加えることによる加熱製造方法を採用しており、加熱方式青汁のメリットは安い値段で青汁を製造販売できる点にありますが、少なからず苦味成分が残ってしまうためアルコールとの相性は残念ながらあまりよくありません。

 

アルコールと混ぜることを前提に販売されている唯一の青汁でもある生青汁を毎日の晩酌に加えてみてはいかがでしょうか(^^)?

生青汁の公式サイトを見てみる。