1. ホーム
  2. 【種類・原料別】青汁に配合されているおすすめ原料一覧
  3. 製造方法で効果を比較
  4. ≫非加熱と加熱処理された青汁の違いを比較〜どちらがおすすめ?

非加熱と加熱処理された青汁の違いを比較〜どちらがおすすめ?

非加熱青汁とは?

管理人
繊細な栄養成分をそのまま取り込めるタイプの青汁です。

青汁業界の約80%以上が粉末青汁として販売していますが、その中でも近年特に、栄養に拘る人から抜群の人気を誇っているのが非加熱処理青汁。

青汁に含まれている植物の栄養をそのまま体内細胞に吸収させる事が可能な商品として、常に人気が高い青汁です(^^)

 

そんな非加熱青汁ですが、『非加熱』なんて言葉がある以上加熱された青汁もあるってことでもありますよね?

加熱式の青汁と、熱を加えない非加熱方式の青汁はどのような違いが有るのでしょうか?

非加熱青汁と加熱青汁の違い

非加熱青汁加熱青汁
飲みやすさ
酵素
メリット
  • 植物の栄養成分をそのまま吸収できる
  • 青汁本来の味が楽しめる。
  • お試し青汁として多数販売してる。
  • 料理・HOT青汁として楽しめる。
  • 様々な働きが期待できる。
  • 価格が安い。
デメリット
  • 販売数が少ない。
  • 苦味が強い場合が多い。
  • 酵素が一部破壊されてしまう。
管理人
非加熱青汁は、栄養成分が熱で破壊されないから加熱青汁より効果が早く体感できる確率が高いです。

メリット・デメリットの両方がありますが、青汁本来の栄養を吸収するのは非加熱青汁が一番効率的です。

また、初めてのご利用でしたら、ファンケル本搾り青汁が1,000円以下と格安で利用可能ですよ(^^)!!

 

お試し利用が可能な一番人気の非加熱青汁
お試し利用可能な非加熱青汁の一番人気商品。
ファンケル本搾り青汁
5
価格780円
送料
内容量30包(1包/4,5g)
契約プラン1回限りの単品購入
ファンケル本搾り青汁

公式サイトを確認する。

ケール配合の青汁

POINT栄養価の高いケールが原材料の本格青汁。
管理人

単品購入ですので、面倒な解約の手続きなどは一切不要です。

原材料の中でも、特に栄養成分がぎっしり配合してるケールを100%利用した本格青汁。

少し苦味が強いのが欠点ですが、非加熱青汁本来の味・効果を知るにはファンケル本搾り青汁が一番分かりやすい!

 

お試し青汁としても人気が高く、非加熱青汁で最安値の製品です。

相性を比較
女性
男性
おじさま・おばさま
子供

 

非加熱青汁は苦味が強い場合が多い

管理人
初めての青汁には少々不向きかも・・・

本来植物に含まれている栄養成分が限りなくそのまま配合してる非加熱タイプの青汁は、添加物など特別に味を美味しくする加工が施されていない製品が大半です。

つまり、青汁本来の味が楽しめる青汁ということになります(^^)

 

しかしながら、『青汁本来の味=非常に苦味が強い』ことでもありますので、初めて青汁を飲まれる方でしたら少々ビックリしてしまう可能性が少なからずあります。

 

非加熱青汁は販売してる種類が圧倒的に少ない

また、非加熱方式の青汁自体販売してる数が非常に少なく、非加熱青汁を購入しようと思えば通信販売でしか買えないと考えて間違いないでしょう。

あまり店頭市場に出回らない製品ですので、貴重価値が高く、加熱タイプの青汁と比較すると少々値段が高くなってしまうようですね( ˘ω˘)

 

非加熱青汁は酵素・ミネラル成分が生きたまま配合

POINT酵素は熱で分解されやすい。

青汁には様々な栄養成分が含まれていますが、その中の一部のミネラル成分は熱に非常に弱い性質を持っている為、加熱してしまうと一部の成分が破壊されてしまいます。

 

その点、非加熱青汁は、熱処理を加えない青汁ですので本来青汁が持つ栄養成分がそのまま吸収可能(^^)!!

その分、上で紹介してる通り苦味も残ってしまうのが欠点ですが、本気で体内改善したいと願うなら、非加熱青汁はあなたの理想とする青汁かもしれません。

管理人
ビタミン・酵素はある程度の熱に耐えれますので、全てが破壊されるわけじゃありません。あくまで『一部の酵素・ビタミン』に限定されます。

 

青汁に多く含まれている食物繊維・ビタミンA・Eなどは熱に強く、油がサクッと上げてもほとんど破壊されることがありません。

つまり、加熱方式でも青汁が持つ働きは充分に体感できるという事でもあります。

 

飲み方が限定される

管理人
非加熱青汁はホットとして飲むのは不向きです。

熱を加えない製造方法であることが非加熱青汁のメリットの一つでもありますので、飲み方で熱を加えてしまっては本末転倒。

あくまで非加熱青汁は、冷水・常温水で飲むべき青汁ということになりますね(^^)

 

青汁は料理に活用したり、冬場でしたらお茶のようにホットで飲みたい方も多いでしょう。

その場合でしたら加熱方式の青汁を選ぶべきですね♪

 

  • 非加熱青汁は、貴重価値の高い青汁。
  • 非加熱青汁は、熱に溶けやすい酵素やビタミン成分がそのまま残っている。
  • 非加熱青汁は、少々苦味が強い場合が多い。
  • 加熱青汁は、販売してる数が圧倒的に多い。
  • 加熱青汁で減少する栄養成分はあくまで一部。

こんなあなたに非加熱青汁はおすすめ!

非加熱処理の青汁はこんなあなたにおすすめ

おすすめ

  • 本格的な青汁をお探しのあなた。
  • 少々の苦味は気にしない!本気の健康維持対策として青汁をお探しのあなた。
  • 効率的にミネラル成分・酵素を体内に取り込みたいあなた。
  • 青汁本来の味をとりあえず知りたいあなた。
  • 酵素のチカラで健康的なダイエットをしたいあなた。

熱を加えていないから良いといった単純な話しじゃなく、あくまで酵素やビタミンB群・ビタミンC等の一部が減少してしまうので、青汁を日常的に飲まれている方の多くは、あまり気にしていないのが現状です。

ですが、青汁本来の味を知れ、栄養成分がそのまま吸収できる非加熱タイプの青汁は本気で健康のことを考えるなら一度飲んでおくべき青汁です♪

 

酵素の働きは、新陳代謝の活動を向上してくれ年齢と共に代謝が低下してしまい、以前と同じような生活をしてるのに太ってきた方の健康維持効果の働きが期待できます。

酵素サプリなどの酵素がメインに配合してる製品では、栄養成分が偏り過ぎてあなたが期待してるような効果は体感し辛いので、栄養成分のバランスを考慮すると、ファンケル本搾り青汁の本格的な非加熱青汁が効率的です。

管理人
栄養成分の偏りは駄目・・・

少々苦味が強いことがデメリットですが、1,000円以下とビックリする程格安でお得に非加熱青汁を飲めますので、この際に一度利用してみることをおすすめします(^^)

 

知って得する関連記事

上で紹介してる通り、非加熱青汁の最大のデメリットは『苦味・販売数が圧倒的に少ない』ところです( ˘ω˘)

また、ファンケル本搾り青汁はお試しパックですので本格的な酵素の働きを体感するためには少々内容量が少ないのも気になる所です。

 

お試し利用としてはとってもおすすめですが、酵素の働きをより一層感じるためには本格的な定期コースの利用ができる酵素青汁ランキングから選ぶことをおすすめします(^^)

シェアして頂くと更新頻度が劇的に向上します!