ほうれん草で鉄分摂取は非効率?ほうれん草だけでは貧血は改善出来ない

ほうれん草は貧血改善には不十分?

[d_photo_frame type=”map_pin” color=”blue”]ほうれん草は貧血改善には不十分?[/d_photo_frame]

ほうれん草には立ちくらみを防止してくれる働きや、貧血改善作用として認知されている鉄分が豊富に含まれている食べ物ですよね(^^)

子供の頃から「ほうれん草は身体に良いからキチンと食べなッ」なんて親御さんにしつけてもらった方も多いのではないでしょうか?

今や成人した日本女性の5人に1人は鉄分不足による貧血気味との統計も厚生労働省から発表されている以上、仮に現在貧血や立ちくらみ症状が無くても出来る限りしっかり鉄分を取り込んでおいたい所ですよね(^^)

 

しかしながら、そんな貧血改善に効果的と信じられてきたほうれん草ですが、実はあまり貧血改善に良い働きが期待出来ない可能性があることをご存知でしょうか?

ほうれん草より効率的な貧血改善商品はこちらからご確認頂けます。

ほうれん草と鉄分の関係性〜貧血改善には非効率?

1日に必要な鉄分量(男女別)

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”ayumi.png” name=”妻”]男性より女性の方が鉄分が必要なんです♡[/speech_bubble]

 

厚生労働省のデータによると、活動する上で必要な鉄分量は成人男性で1日/10mg・成人女性で1日/12mgと言われており、妊娠時でしたらこの1,5倍程度の20mg程度が必要と推奨されています。

男性と女性で1日に必要な鉄分量の違いがある理由は、鉄分を含む栄養成分が体外に排出してしまう【生理】が関係している為、女性はより多くの鉄分を取り込む必要があり、体内の鉄分量が不足してしまうと生理前後に起こりやすい貧血症状の一種でもある立ちくらみが発生しやすくなってしまうのです。

 

また男女共に体内の鉄分量が不足してしまうと、血液中の赤血球が減少し、体内細胞に酸素が充分に行き届かない状態になってしまう為に、身体のあらゆる不調を誘発してしまう危険性があります( ˘ω˘)

つまり鉄分は毎日を元気良く生活する上で必須中の必須成分であり、無くてはならない非常に重要な栄養素を食事・サプリメント等あらゆる方法で取り込む必要があります。

 

1日に何気なく摂取している鉄分量

最近では様々な鉄分成分のみを補給するサプリメント等が近所のドラックストア等で簡単に購入できることから、鉄分サプリの導入を検討している方も多いかも知れませんが、一番初めに1日にどのくらいの鉄分量をあなた自身が取り込んでいるのか?を知らないことにはどのくらい不足しているのか検討もつかないと思います(^^)

そこで同じく厚生労働省の国民健康調査を参照すると、男性は男女共に1日7mg〜8mgの鉄分を取り込んでおり、美意識の高い女性でしたら野菜中心の生活・フレッシュジュース等を日常的に飲んでいる方も多いでしょうから、9mg程度は何気ない生活でも鉄分を取り込んでいると考えるべきです。

 

しかしながら1日に必要な鉄分推奨量は11mgですので、普段から野菜中心の生活を心がけている方でも残念ながら大半が慢性的な鉄分不足なのです。

そこで鉄分量を効果的に摂取する方法として、皆さんが一番認知されている方法こそあなたがスーパーで買おうと検討しているほうれん草(^^)

 

ほうれん草には鉄分の他に、ミネラル成分・ビタミンB1・B2を始めとしたお肌の良い働きが期待出来る美容成分が豊富に含まれている植物として昔から注目されている栄養たっぷりの美味しい野菜ですよね♪

 

ほうれん草にはどのくらいの量の鉄分が含まれているの?

[d_photo_frame type=”map_pin” color=”blue”]ほうれん草に含まれている鉄分量[/d_photo_frame]

https://ndb.nal.usda.gov/ndb/search/list?qlookup=11457

上の画像のソースは私が【ほうれん草 鉄分】と検索した際に一番上に表示されたほうれん草100gあたりの鉄分量を示した表であり、スーパー等で販売されている100gの束に含まれている鉄分量は2,7mg配合されています。

女性に必要な厚生労働省が推奨する鉄分量は、成人女性で1日/11mgで普段の日常生活で得ている鉄分量は8mg〜9mgですので、あなたが意識して摂取する必要がある鉄分量は2mg程度という事になりますね(^^)

 

ほうれん草の鉄分量が2,7mgと考えるなら、一見ほうれん草を毎日食べていたら貧血・立ちくらみを解消出来るのでは?と思ってしまうかも知れませんが、あくまで上の画像は【100mgのほうれん草に配合されている鉄分量】を示している数値であり、毎日100gの大量のほうれん草はなかなか食べれませんよね( ˘ω˘)??

[d_photo_frame type=”map_pin” color=”blue”]こんなに食べないと鉄分不足を解消出来ない[/d_photo_frame] [speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”haircare_before_s.png” name=”妻”]毎日この量のほうれん草はちょっと食べれないよね…[/speech_bubble]

 

ほうれん草を意識して食べるとしても、1食で食べれる量の限度は10g〜20g程度でしょうから、実質ほうれん草を意識した食事を行っても0,2〜0,3mg程度の鉄分量しか取り込むことが出来ないのです(´;ω;`)ウッ…

勿論ほうれん草以外にも、レバーや青魚等といった鉄分が含まれている食品を取り込むことである程度、厚生労働省が推奨する鉄分量に近づかる事は可能でしょうが、正直あまり効率的とは言えませんし、毎日野菜や魚を大量に買っていたらお財布にかなり大ダメージを受けること必至でしょう( ˘ω˘)

ただ単に鉄分だけとっても貧血・立ちくらみ予防にもならない!?

 

貧血・立ちくらみを改善する上で重要なこと

つまり鉄分不足から発症する可能性のある立ちくらみ・むくみ等の症状を解消する為にはほうれん草以外の食品に配合されている成分も同時に取り込む必要がある為、ほうれん草だけでは不十分ですし、鉄分を中心にバランスの良い栄養成分を誇る食べ物・食品を利用することが金銭的負担・栄養バランスの観点から考えても効率的でしょう(^^)

 

そこであなたにおすすめしたいほうれん草に代わりになる食材・商品こそ当サイトで厳選解説している【青汁】なのです。

 ほうれん草青汁
鉄分量(1食あたり)0,2〜0,3g 0,7g
 食物繊維[sankaku][maru]
 ビタミン成分[sankaku][marumaru]
[d_photo_frame type=”map_pin” color=”blue”][/d_photo_frame]

上の鉄分比較表は、青汁業界でもトップレベルの鉄分量を誇っている神仙桑抹茶ゴールドであり、たった1杯青汁を飲むだけで0,7gの鉄分を吸収出来るんです(^^)

また神仙桑抹茶ゴールドは大容量の1ヶ月分/60包として販売されている唯一の青汁でもあり、仮にあなたが1日2包の神仙桑抹茶ゴールドを飲むのであれば、1日/1.4gの鉄分を体内に取り込むことが可能なことに加えて、ビタミン成分・食物繊維等といった体内細胞に浸透しやすい成分も合わせて摂取することが可能なのですヾ(*´∀`*)ノ

 

青汁の30%程度しか鉄分が配合されていないほうれん草から取り込むよりも、様々な効果・働きが期待出来る青汁から鉄分を吸収する方が効率的と考えて間違いないでしょう(^^)!!

ほうれん草よりも絶対青汁!鉄分豊富な貧血対策青汁ランキングを見てみる。