鉄分配合!青汁とほうれん草に含まれる栄養成分と効果の違い

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ayumi.png” name=”妻”]妊婦さんにおすすめ出来る内容だね♥[/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”ishi.png” name=”クマ医者さん”]栄養価の高いほうれん草と青汁を栄養成分で比較してみるクマ。[/speech_bubble]

 

貧血予防・ダイエット効果が期待出来る事に加えて、近所のスーパーマーケットでも簡単に購入出来る手軽さから、私達の家庭ではおなじみの野菜でもある【ほうれん草】

 

少し苦味がありますが、各種ビタミン成分が豊富に配合されている事から美肌効果を期待して意識的に摂取している方も多いのではないでしょうか?

 

そして今回ご紹介するのは、一見色・味共に似ている【青汁とほうれん草の栄養成分・効果の違い】

青汁はあなたもご存知のように様々な栄養価の高い植物を粉末状に加工し、お水で溶かして飲む健康ドリンク。

対してほうれん草は植物の中でも特に美肌効果が期待出来る野菜として注目されていますよね(^^)

 

そんな一見似ている効果が期待出来る、青汁とほうれん草の違いを配合されている栄養成分・取り込んだ際の効果から、あなたにどちらがおすすめ出来るのかご紹介していきたいと思いますので、是非参考にして下さい\(^o^)/

 

ほうれん草〜代表的な栄養成分

貧血予防に効果的な鉄分

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”ishi.png” name=”クマ医者さん”]ほうれん草を意識的に食べている人の多くは、鉄分目的だクマ。[/speech_bubble]

 

クマ医者さんが言っているように、ほうれん草には血液の流れを良くしてくれる血液サラサラ効果が来たき出来る鉄分が豊富に配合されています。

鉄分は血液をサラサラにしてくれる効果と共に、血液中に流れている酸素を必要な細胞に流す潤滑油のような働きが期待出来る事から、普段から貧血気味の方は鉄分を取り込む事である程度簡単に解消出来る場合が多いのです(^^)

 

ほうれん草の他にも鉄分を豊富に配合している食品は数多くあり、豚・鳥レバー等が代表的でしょうか?

豚・鳥レバーでも貧血予防として充分な効果が期待出来るでしょうが、鉄分の他にタンパク質・脂分等が配合されており、動物性タンパク質は体重が増加してしまいやすい事から、消化吸収能力が高いほうれん草から取り込む方法が人気が高いですね。

 

妊娠時に必須の葉酸

fajifrji3232gajip

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”ishi.png” name=”クマ医者さん”]妊娠中の必須成分だクマ。[/speech_bubble]

 

上でも軽く説明していますが、ほうれん草を意識的に摂取している方の多くが鉄分と葉酸成分を取り込む事が目的の場合が多いです。

葉酸はビタミンB類の一種であり、基礎代謝を向上してくれる効果が期待出来るダイエットにおすすめ出来る成分ですが、最大の葉酸の魅力は【妊娠時に摂取する事により、赤ちゃんの奇形を防いでくれる効果が期待出来る点】にあると言えます。

 

現に母子手帳には【1日400μgの葉酸を取り込むべき】と記載されている事から、葉酸の重要性に改めて気がつくママも多いはず。

 

そしてほうれん草だけで100gあたり約200μgの葉酸が含まれており、他の野菜やレバー等にも豊富に配合されている事から、ほうれん草は妊娠時に食べるべき葉酸の約半分をカバーしてくれる重要な植物なのです(^^)

 

最近では、より手軽に葉酸を取り込めるよう葉酸成分に特化した青汁やサプリメントが比較的安値で販売されています(^^)

青汁やサプリメントに配合されている葉酸は1日200μgですので、ほうれん草等の自然食品で200新たに摂取する事により、1日400μgを簡単に取り込む事に成功出来るんです♪

葉酸を必要としているあなたは一度確認する事をおすすめします\(^o^)

【葉酸配合】妊婦さん想いの優しい青汁ランキング

 

 

青汁〜代表的な栄養成分

ミネラル成分

fajfireji

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”raito.png” name=”夫”]ミネラル成分豊富な植物を豊富に配合している事が青汁の人気の秘密ですね。[/speech_bubble]

 

青汁の最大の魅力でもある豊富なミネラル成分。

マグネシム・カルシウム・亜鉛等に代表されるミネラル成分は、私達が日常生活を過ごす上でとても重要な成分でもあり、生活習慣病予防効果も期待出来る重要な成分です。

 

ほぼ全ての食品・野菜等に含まれているミネラル成分ですが、熱に非常に弱い性質を併せ持つ為、料理等によって本来食品が持っている成分を洗い流してしまっている事が頻繁に起こっています(*^^*)

 

そんな時におすすめ出来るのが青汁に配合されているミネラル成分なのです(^^)

大麦若葉・明日葉・桑の葉・ケール等と言った栄養価の非常に高い植物のみで構成された健康効果に特化したドリンクで、植物に含まれている栄養成分を出来るだけそのまま取り込む事に特化しています(^^)

 

必須ビタミン成分

fafjio32

 

食べ物を食べる時には何かと意識する事の多いビタミン成分ですが、青汁には食品から取り込む事の出来るほぼ全てのビタミン成分が配合されていることをあなたはご存でしたか?

 

主にフルーツ等に配合されているビタミン類はフルーツ成分たっぷり配合された青汁から簡単に取り込む事が出来ますし、新陳代謝の向上・ダイエットに効果的と評判の高いビタミンB類は、明日葉配合青汁ケール配合青汁から、取り込む事が可能。

 

また青汁から摂取出来るビタミン類は、サプリメント等に配合されている加工ビタミン成分ではなく、自然由来のビタミン成分ですので、体内細胞への吸収率が段違い!

 

植物性タンパク質

ashitaabaooo

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”ishi.png” name=”クマ医者さん”]力強い体を生成する上でとても重要な成分だクマ。[/speech_bubble]

 

タンパク質には大きく分けてお肉等から得られる動物性タンパク質と青汁や植物に配合されている植物性タンパク質の2種類があり、青汁に配合されているタンパク質は後者の植物性タンパク質になります。

 

動物性タンパク質植物性タンパク質
脂肪分多い少ない
アミノ酸[star rating=”5″][star rating=”3.5″]

 

動物性タンパク質は体内で生成する事の出来ない必須アミノ酸が大量に配合されており、筋肉の成長をサポートしてくれる効果が期待出来る事から、トレーニングしている男性に好まれており、プロテイン等にも多く動物性タンパク質が配合されています。

 

しかしながら動物性タンパク質は体重の増加の原因になる脂肪成分も大量に配合されている事から、女性には不向きな成分と言えるでしょう。

 

そして青汁に配合されている植物性タンパク質は、アミノ酸量は動物性タンパク質より少ないのですが脂肪成分はほとんど配合されていない事から、アンチエイジング・デトックス効果を期待している人の強い味方になってくれる成分なのです(^^)

 

 

青汁とほうれん草の栄養成分の違い

ほうれん草には鉄分・葉酸が豊富に配合されている

ほうれん草は特定の成分のみ豊富に配合

ほうれん草の成分+ミネラル・ビタミン成分を配合しているのが青汁

ほうれん草の上位版=青汁

 

 

ほうれん草〜代表的な効果

冷え性予防

933200

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”ishi.png” name=”クマ医者さん”]冷え性予防はまさに鉄分のおかげクマよ![/speech_bubble]

 

ほうれん草に配合されている鉄分効果によって、血液の流れがスムーズになり自然と冷え性予防効果が期待出来ます。

冷え性予防の他に、むくみ防止等の期待出来る事から妊娠時の女性のみならず、かなり利用価値が高い植物ですよね(^^)

 

また髪の毛には微量なら鉄分が配合されている事から、ほうれん草を食べる事で髪の健康をサポートしてくれる効果も合わせて期待出来るのです。

 

美肌効果

血液の循環が良くなると当然新陳代謝が良くなり、自然と血色が良くなり美肌効果も期待出来ます(^^)

ほうれん草に含まれているビタミンB類は、シミ・シワ等にも非常に効果的な成分ですので、家事育児・仕事等のストレスで体内の酸化現象が進行し易い女性の強い味方になってくれるでしょう。

 

その上、化粧品等に多く含まれている【セラミド】成分がほうれん草には多く配合されていますので、美肌効果以外に乾燥肌対策としても有効でしょう。

 

 

青汁〜代表的な効果

生活習慣病改善効果

i043

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”ishi.png” name=”クマ医者さん”]豊富なミネラル成分・ビタミン成分のおかげクマ。[/speech_bubble]

 

サービス残業・過度な仕事によるストレス・不必要な人間関係等、私達を生活しているだけで様々な体内に負荷がかかる行動を常に行っています。

その上現代の成人男性・女性ともに厚生労働省が推奨する野菜成分の約50%も取り込んでいない事から、ますます体内に負荷がかかり、様々な生活習慣病を引き起こす原因となっているのです。

 

そんな時に非常におすすめ出来るのがほぼ全ての野菜成分が1杯に詰まった健康ドリンク・青汁。

青汁を1杯飲むだけで1日に必要な栄養素を全て補う事が出来るほど栄養価が高い事が人気の秘密でもあり、偏った食事が原因で高血圧と診断された人は、まさに栄養価の高い青汁の力を借りるべきでしょう。

 

ダイエット効果

990043

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”ishi.png” name=”クマ医者さん”]脂肪分を漏らす働きが期待出来る酵素が配合されている事も人気の秘密クマよ![/speech_bubble]

 

特定の青汁しか配合されていませんが、ダイエット効果・デトックス効果が期待出来る酵素が配合されている事も青汁の魅力です。

青汁に配合されている酵素は、基礎代謝を向上してくれる【食物酵素】と呼ばれる酵素で、ダイエット効果の他に胃や腸の活動を活発化してくれる効果があります。

 

体内の細胞が活発化される事によってダイエット効果以外にも様々な健康効果が期待出来る健康面・美容面を意識しているあなたの必須成分と考えて間違いないでしょう(^^)

 

 

便秘解消効果

kodeji

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ayumi.png” name=”妻”]野菜に配合されている食物繊維が便を肥大化してくれるよ♥[/speech_bubble]

 

便秘にも様々な症状が有りますが、青汁成分によって便秘解消効果が期待出来る症状は【コロコロうんち】【力を入れても便が出ない】症状です。

 

小さくうさぎのうんちのような固形物しか出ないあなたの便秘の原因は、水分不足と食物繊維不足にあり、腸内に便が留まっている間どんどん便が腸に水分を吸収されてしまうので、固く排便する事が今以上に難しくなってしまいます・・・

 

そこでおすすめ出来るのが青汁に配合されている水溶性食物繊維。

水溶性食物繊維とは、体内の水分を吸収して便と混ざり合い普段より早い頻度で排便を促進してくれるのです。

 

その上青汁は健康ドリンクですから水分も当時に取り込む事が出来る為、便自体を排便しやすい様に柔らかく生成し直してくれる効果も期待出来ます。

 

便秘解消に効果的と評判の高いイモ類以上に食物繊維が豊富な青汁から、まずは便秘解消すべきでしょう。

 

 

 

まとめ〜青汁とほうれん草どちらがおすすめ出来る?

青汁の方が全体的な栄養成分は高い!

ほうれん草の方が手軽に食べれる!

 

ほうれん草は近所のスーパーマーケットで購入出来る手軽さから、金銭的負担も少なく食べれる植物ですが、毎日ほうれん草を食べる事は物理的に考えて難しいと思うので、手軽に栄養素を取り込める青汁を導入すべきでしょう。

 

ほうれん草に配合されている栄養素+野菜全般に含まれている栄養成分のほぼ全てを取り込む事が出来る青汁ですので、正直ほうれん草とは比べ物にならない健康効果をあなたに与えてくれるのです(^^)

 

【ほうれん草の上位版が青汁】だと考えてもらえば分かりやすいかも知れません\(^o^)/