抹茶配合青汁と緑茶配合青汁の違い〜どちらが効果的でおすすめなの?

抹茶配合青汁と緑茶配合青汁との違い

[d_photo_frame type=”map_pin” color=”blue”]抹茶配合青汁と緑茶配合青汁との違い[/d_photo_frame]

栄養価が豊富なお汁の中には、美味しくゴクゴク飲めるように青菜植物由来の成分が配合されている商品が少なからずありますが、その中でも非常に人気の高い青汁がほのかな甘みが特徴の抹茶配合青汁と、抗酸化作用の働きが期待できる緑茶青汁です。

両方とも配合されてる成分はお茶っぱであり、効果の違いについて困惑されている方も多いかと思いますので、この記事では抹茶配合青汁と緑茶配合青汁の違いを紹介しあなたに最適な青汁は一体どちらなのか?をご確認していただける内容となっておりますので、最適な青汁を見つけるためにぜひ参考にしていただけると幸いです。

抹茶配合青汁の特徴・効果

青汁らしからぬ甘み成分が特徴の飲みやすい青汁

まず、抹茶とは日光を遮断して栄養素をギューッと濃縮した鮮度の高い若葉のみを利用しており、この若葉を乾燥させ粉末状に加工したお茶のことを指しています。

一般的に日本人が認知されている抹茶の飲み方といえば、【辛い正座をし専用の所作を行った上でやっと飲むことができる】少々飲む機会に恵まれないお茶の一種でもありますが、青汁に配合されている抹茶は専門の道具を利用する前の粉末状のお茶っ葉を、粉末状に加工された青菜植物と一緒に混ぜ合わせた状態で販売されています(^^)

 

おそらくあなたが認知している抹茶といえば、アイスクリームやクッキーなどに含まれている成分かと思いますが、青汁に配合されている抹茶も同じようにライトな感じで風味づけとして利用されているケースが大半です。

そんな抹茶配合青汁の最大の魅力は、非常に飲みやすくほのかな甘みが特徴の飲みやすい青汁だという事でしょう。

 

青汁は最低でも数ヶ月間程度は飲み続けないといけない商品ですから、美味しくゴクゴク飲めるというのは、青汁を購入する上でも非常に重要な要素の一つですよね♪

また、一般的には青汁の飲み方は水や白湯などで割って飲む商品と知られているかと思いますが、抹茶味の乳製品が多く販売されている通り、抹茶と牛乳は非常に良い相性のため、牛乳やヨーグルトなどで割る前提で青汁の購入を検討しているのであれば、抹茶配合青汁を利用してみて間違いないでしょう。

そんな非常に飲みやすくほのかな甘みが特徴の抹茶配合青汁ですので、緑茶配合青汁よりも販売されている種類が多い事から、栄養成分や原材料、青汁の値段などを比較・検討した上で購入したい方にも人気の青汁の種類となっていますね(^^)

 

早速抹茶配合青汁ランキングを確認してみる。

 

緑茶配合青汁の特徴・効果

抗酸化作用の働きが特徴の栄養価の高い青汁が多い

[d_photo_frame type=”map_pin” color=”blue”]緑茶配合青汁ランキング[/d_photo_frame]

抹茶配合青汁の中にも抗酸化作用の働きが期待できるカテキンには多く含まれていますが、緑茶の方が平均的な栄養成分が豊富で、栄養価のみを重視するのであればあなたが選ぶべき青汁は緑茶配合青汁でしょう(^^)!!

緑茶は、コンビニやスーパーマーケットでも簡単に買えるように、飲料水として販売されているケースが非常に多いため、ほのかな渋みで飲料用としての利用はもちろんのことお口直しドリンクとしても人気があります。

 

また、緑茶は抹茶と違い大量生産が可能なお茶でもありますので、比較的金銭的リスクが低く安値で購入できるので青汁を初めて飲まれる方にとって相性が良い青汁ですね。

(値段が高いと買う気になりませんからw)

緑茶はあなたもご存知の通り軽い苦味成分が特徴のお茶ですので、青汁の風味を邪魔することなく青汁らしい味わいが楽しめ、青汁マニアの方に非常に人気が高い栄養価が自慢の本格的な青汁です。

 

カテキンによる抗酸化作用の働きによって老化の進行をある程度食い止めることができることから、主に女性を中心に人気が高い【デトックスティー】として利用されているケースが多いので、ダイエット中の方の選ぶべき青汁は緑茶配合青汁でしょうね♪

 

早速緑茶配合青汁ランキングを見てみる。

 

抹茶配合青汁と緑茶配合青汁の違い〜どちらがおすすめなの?

栄養成分・効果で比較するならどちらがおすすめ?

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”ayumi.png” name=”妻”]あくまでメインは【青汁に含まれている植物】だから一概には言えないけどね♡[/speech_bubble]

 

栄養成分や効果の違いについては、青汁に配合されている原材料の植物によって大きく変わってきますので一概には言えないのが正直な意見なのですが、抹茶配合青汁より緑茶配合青汁の方が栄養素の吸収率が高い場合が多いため、効率よく配合されている栄養成分の効果のみを重視するのであれば、【緑茶配合青汁の方が良い】と考えるべきでしょう。

緑茶配合青汁で非常に人気の高いを例に出すのであれば、神仙桑抹茶ゴールドのメイン原材料でもある桑の葉は、血糖値の上昇を抑える働きが期待できるDNJ(デオキシノジリマイシン)が含まれており、青汁で健康的に痩せたい方や以前の健康診断で自分が思っていたより悪い数値が出て悩んでいる方に非常に相性が良い青汁です。

緑茶配合青汁ランキングを見てみる。

 

飲みやすさを重視するならどちらがおすすめ?

上でも紹介している通り青汁を購入する上で重要視すべきことの一つに【飲みやすさ(おいしさ)】があり、しっかり考えて買わないととあなたが満足できる効果を十分に感じることは難しいと考えて間違いないですね(´;ω;`)ウッ…

[d_photo_frame type=”map_pin” color=”blue”]抹茶配合青汁と緑茶配合青汁との違い[/d_photo_frame]

あなたが仮に青汁初体験で、さまざまな商品の中から緑茶配合青汁と抹茶配合青汁に絞って比較しているのであれば、選ぶべき飲みやすい青汁は牛乳や乳製品などと相性のよい抹茶配合青汁ですねヾ(*´∀`*)ノ

緑茶配合青汁もコンビニやスーパーマーケットで飲料水として販売されている商品ですので、飲みやすく仕上げている事に違いはありませんが、主な緑茶配合青汁の飲み方はお水や白湯などで割って飲む【通常の飲み方に限定】されています( ˘ω˘)

 

飲みやすさを意識しているのであれば、お水や白湯などで割って飲む通常の飲み方より、牛乳やヨーグルトなどの甘味成分を含んだ商品と兼用する飲み方が最適ですので、乳製品と非常に相性の良い抹茶青汁があなたが求めている理想的な青汁なのです(^^)!!

乳製品と相性の良い抹茶配合青汁ランキングを見てみる。