青汁を毎日飲み過ぎるのは危険?効果的な適切量と副作用の関係性

美味しさが一番のポイント!

[d_photo_frame type=”map_pin” color=”blue”]子供におすすめ出来るおいしい青汁[/d_photo_frame]

食生活の乱れ・生活習慣の乱れから生活習慣病を引き起こしてしまう危険がある為、毎日の健康的に過ごす上で野菜から取り込める栄養成分はとても重要であり、あらゆる生活主観病を予防・改善してくれる働きがあるといっても決して過言ではありません(^^)!!

しかしながら、青汁はあくまで【健康効果に優れた野菜たっぷりの飲み物】であり、ドラックストア等で販売されている医薬品とは異なりますので、適切な量を把握して飲まないと身体に悪影響を与えしてしまう可能性があるんです(´;ω;`)ウッ…

 

そこで青汁を買う前に、キチンと毎日の適切な量・青汁を飲み過ぎるとどんな悪影響になってしまうのか?等を理解して、より効率的にあなたが青汁を飲めるようにポイント・注意すべき点を解説していきますね♪

適切な青汁摂取量と副作用について

1日にコップ1杯〜2杯で充分

[d_photo_frame type=”map_pin” color=”blue”]野菜栄養成分がとっても多く含まれています。[/d_photo_frame]

美意識の高い女性でしたら、青汁のみならず様々な野菜を意識的に毎日せっせと取り込んでいるかと思いますが、口コミ評判が高い青汁には食事として取り込む野菜栄養成分の5倍〜10倍の栄養素を含んでいることが大半です。

確かに青汁は【毎日飲めば飲む程に健康になるドリンク】ですが、その圧倒的栄養成分が災いしてビタミン過剰症高カリウム血症等を引き起こしてしまう原因になる可能性が少なからずあるのです(´;ω;`)ウッ…

 

店頭販売されているようなかなり安い青汁風飲料水でしたら、特に気にしなくてもあなたが想像しているような栄養成分は含まれていませんので意識する必要は無いのでしょうが、青汁の効果で紹介しているような圧倒的栄養成分が自慢の青汁でしたら、1日1杯〜2杯程度で充分過ぎる程、不足している栄養素を補給出来ます(^^)!!

サンスター健康道場

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”ayumi.png” name=”妻”]特定の青汁にはたった1杯飲むだけで野菜○個分の栄養成分が補給出来るんだよ♡[/speech_bubble]

 

上で紹介している画像のような栄養成分が含まれている青汁は、貧血予防におすすめの青汁ランキングで紹介しているサンスター粉末青汁ですが、ご覧の通り、1杯飲むだけでB-カロテンがピーマンの約4個分が濃縮されており、青汁は短期的にガブガブ飲むより、チビチビ少しずつ栄養成分を補給するだけであなたが求めている効果を充分に体感出来るんですよ♪

一気に栄養を補給した所で、体内の細胞が入れ替わるのは3ヶ月周期と言われている通り、少しずつ長い目線で青汁を飲むことが健康の第一歩だと考えて頂ければ間違いないでしょう。

 

また青汁を冷水や牛乳等で割って飲む場合でしたら、胃や腸を冷やしすぎてしまい下痢になってしまう可能性すらあります( ˘ω˘)

青汁は日本が誇る健康ドリンクである事に違いありませんが、何事も適量にしないと思わぬ悪影響を体内に与えてしまうと考えるべきでしょう(´;ω;`)ウッ…

効果別の青汁比較ランキングを早速確認してみる。

 

妊婦さんはカフェイン配合青汁は控えるべき!

[d_photo_frame type=”map_pin” color=”blue”]抹茶配合青汁と緑茶配合青汁との違い[/d_photo_frame]

上で解説している通り、青汁は1日1杯〜2杯程度の服用が理想的ですが、適量の青汁を飲んでいても、飲み手側の体内環境の状況によっては青汁自体に含まれている栄養成分・原材料について気をつける必要があります。

その中でも特に原材料に注意すべき方は世界一愛している子供を体内に宿している妊婦さんです(^^)!!

 

普段の2倍程度の鉄分・葉酸摂取が望ましいと母子手帳にも記載されている通り、毎日の食事から鉄分を意識的に取り込んでいる方が大多数でしょうが、食事から摂取する以上に効率的な鉄分摂取方法が妊婦さんにおすすめな青汁ランキングで解説しているような鉄分を多く含んでいる青汁です♪

しかしながら一部の青汁には、飲みやすさを意識しカフェインを含んでいる緑茶や抹茶を原材料に加えている商品も多数あり、カフェイン摂取を止められている妊婦さんは飲み過ぎ以前に避けるべき青汁でもあります( ˘ω˘)

 

飲み過ぎると便秘になってしまう可能性あり

腸内環境を改善し、便秘解消効果が期待出来る青汁

生活習慣の乱れ・食生活の乱れから慢性的な便秘症状になりやすいのですが、青汁の効果でも紹介している通り、腸内環境を改善してくれる乳酸菌や食物繊維が配合されている青汁は便秘予防・改善商品としても非常に人気が高い飲み物には違いありませんが、青汁を毎日数ヶ月間に渡り過剰に飲んでしまうと、反対に便秘になってしまう場合があることをあなたはご存知でしたか?

 

その理由こそ、便秘解消の働きとしても有名な食物繊維が関係しているのです。

「えw矛盾してないw?だって青汁って便秘解消におすすめなんでしょ?」と困惑してしまう方も多いかと思いますので簡単に説明させて頂くと、食物繊維にはお水に溶けやすい水溶性食物繊維とお水に溶けにくい不溶性食物繊維があり、過剰の青汁を飲むことによって便秘になってしまう可能性のある成分が食物繊維の中の不溶性食物繊維なのです。

※『水溶性食物繊維と不溶性食物繊維』一体どっちが便秘に効果的?

不溶性食物繊維の最大の魅力は、お水に溶けにくく腸内の水分を吸収し便に付着することによって普段より早い段階で便秘を大きくしてくれる働きがありますので、腸の便が溜まりにくい一面がありますが、青汁を過剰(1日に3杯〜4杯)飲んでしまうと、便が腸のぜん動運動では動かない程【肥大化してしまう可能性】があります(´;ω;`)ウッ…

 

いくら「青汁は便秘解消に効果的♪」と言ってもあくまで青汁は腸内環境を改善してくれ、便を排便し易い状態を生成する働きがあるだけですので、下剤のチカラを必要とする程の食物繊維摂取は辞めておいた方が良いでしょう( ˘ω˘)

 

お年寄り・子供が飲む青汁は添加物が含まれていない青汁がおすすめ

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”haircare_before_s.png” name=”妻”]食塩・農薬を利用している青汁も中には販売されています。[/speech_bubble]

 

青汁を飲み過ぎることは当然気をつけるべき注意事項ですが、高齢者や刺激成分に敏感な子供が青汁を飲む際には、青汁に含まれている原材料も意識したほうが良いでしょうね。

販売されている青汁の中には、身体に害を与える危険性が少なからずある添加物を配合していたり、原材料自体が中国や東南アジア産など日本以外で生育されている商品も少なからずあります。

 

最近ではお年を召した親御さんの健康を気遣って青汁をプレゼントされている方も以前と比較して増えてきましたが、その際は青汁の飲み過ぎを注意するのと同時に添加物が一切含まれていない無添加青汁が適切でしょう。

食塩・着色料など植物以外の成分が一切配合されていない純粋な青汁ですので、健康食品等で以前身体に悪影響を体感してしまった方等も、飲み過ぎ以前に配合されている添加物に重きを置いても良いでしょうね(^^)!!

安心の国産無添加青汁情報を確認してみる。

 

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”ayumi.png” name=”妻”]青汁以外にも言えることだよね♡[/speech_bubble]

 

体重を落としたいからと思い突如毎日2時間のランキングをしても、身体が悲鳴を上げてしまい足腰に悪影響を与えてしまうのと同じ発想で、いくら【栄養素の宝庫でもある青汁】だからと言って飲み過ぎるのはNG!

青汁で健康・美容効果を得たいのであれば、ガブガブ飲むよりも少しずつ身体に野菜成分を吸収させるつもりで1日1杯〜2杯程度に抑えて飲むことが、最短で効果を体感できる唯一の方法と考えて頂いて間違いありませんヾ(*´∀`*)ノ!!

ゆっくり・かつ確実に青汁生活を楽しむつもりで貴方に飲んで頂ければ幸いです♪