1. ホーム
  2. ピッタリ!な青汁の選び方
  3. ≫【妊婦さんへ】妊娠中に飲むべき青汁の選び方はここから確認

【妊婦さんへ】妊娠中に飲むべき青汁の選び方はここから確認

妊娠中のママさんは栄養補給の為に青汁を飲むべき!絶対おすすめ!
クマ医者さん
おすすめである事にはクマ医者も同意見。でもその前に、選べぶべき青汁・選ばない方が良い青汁を知るべきクマ。

 

青汁にはあなたもご存知の通り、必須ミネラル成分・ビタミン類等、店頭販売されているサプリメントみたいな人工的に製造された栄養分じゃない自然由来の栄養成分を手軽に取り込む事が出来る為、妊娠中の栄養補給に特におすすめ出来る健康ドリンク。

 

子供の為に少しでも品質の高い栄養成分を取り込もうと考えているあなたの考えは決して間違っていませんが、妊娠中におすすめ出来る青汁とあまり飲まない方が良い青汁がある事をあなたはご存知でしたか!?

 

両方とも健康・美容効果に特化した品質の高い人気青汁で有ることに変わりありませんが、体内が敏感な妊娠中だからこそ、飲む事を気をつけた方が良い青汁が少なからず存在するのです(*^^*)

 

勿論青汁は青汁の注意すべき副作用・デメリットはココで確認!で詳しく説明しているように自然植物から生成されたドリンクですので、特に問題ありませんが、妊娠時には栄養成分の摂取方法・食品に配合されている成分について理解しておいて欲しい重要な時期ですので、この際に青汁の成分について今一度しっかり確認する事をおすすめします(^^)

 

妊婦さんが飲まない方が良い青汁

緑茶・抹茶等に配合されているカフェイン

freji430

クマ医者さん
妊娠時にカフェイン配合青汁は飲まない方が良いクマ。

 

コーヒーやエナジードリンクに含まれているカフェインには中秋神経を活発に活動させる効果が期待出来、精神興奮状態を簡単に起こす事が出来る為、運転中や眠くなった時等に好んで取り込まれる事の多い成分ですよね。

体内細胞を活発化させてくれる為、適量であれば全く問題のない成分なのですが、妊娠中に取り込んでしまうと胎盤を通じてカフェイン成分が赤ちゃんに流れてしまう危険性があります。

 

カフェインはあなたもご存知の通り、刺激成分でもありますので妊娠時にカフェインを大量に摂取してしまうと流産や早産等の危険性が高まる可能性があります。

 

その為、カフェイン成分が配合されているコーヒーやエナジードリンク類はかかりつけの医者に取り込まない様に指導されているかと思いますが、実は青汁によっては緑茶・抹茶成分を配合している商品も多い為、必ず青汁を導入する前にカフェインが配合されていないか確認して下さい(*^^*)

 

緑茶や抹茶に配合されているカフェイン量は種類によって様々ですが、コーヒー程度にカフェインが配合されている事が多い為、意識的に抹茶・緑茶配合の青汁は避けるようにしましょう。

カフェインが含まれている青汁の見分け方を知りたいあなたは下のボタンをClick♥

 

 

青汁嫌いの人でも飲みやすく特殊加工されている青汁

98fajijimi

クマ医者さん
いわゆるフルーツ成分が配合された青汁の事だクマ。

 

最近では10代〜20代の若い世代もダイエット効果・アンチエイジング効果を期待して青汁を飲む事が多くなりましたが、若い世代に人気なのがフルーツ成分が配合された比較的甘く飲みやすい青汁。

当サイト経由でもフルーツ青汁の効果って?良い口コミ・悪い口コミ一覧【導入前に確認】等でフルーツ配合青汁を紹介していますが、確かに非常に飲みやすく「これって本当に青汁なの・・・?」と疑問に思うくらいあっさりとして味わいが特徴です。

青汁初体験の人に人気があるよ♥

 

fa9438438

 

確かに飲みやすく甘い青汁は美味しくゴクゴク飲める事が魅力の商品ですが、妊娠時には過度な甘みを含んだ青汁は不要。

【甘み=糖分がたくさん配合されている】事に加えて、苦味が少ない事から青汁のメイン成分でもある大麦若葉・明日葉等の自然由来の栄養価の高い植物があまり含まれていない事が多いのです。

 

これから生まれてくる赤ちゃんの為に少しでも品質の高い栄養成分を与えようと考えているあなたにとって、フルーツ成分配合青汁では期待しているような栄養を伝える事が難しいと考えるべきでしょう。

 

どこで原産されているか不明な安い値段で買える青汁

クマ医者さん
海外植物を日本に輸入している業者もあるので注意だクマ。

 

口コミ評判が高い青汁は基本的に国内総生産で販売されている青汁がほとんどですが、店頭販売されているかなり安い青汁の多くは、中国や東南アジアで栽培された植物を利用しているケースが多いです。

 

国産が良い・海外産が悪いという話しじゃなく、あまり安い値段の青汁を購入してしまうと安心感が失われてしまう事から、個人的には国産品が何かと安心出来ます(^^)

青汁は【安かろう悪かろう】が適応される商品ですので、あまりにも値段が安い青汁を導入する際には注意が必要かも知れません(*^^*)

 

 

妊婦さんが飲むべき青汁

安心感が違う!国内産原料を利用した青汁

fajifrjei3

クマ医者さん
やっぱり国内で生産された青汁は安心感が違うクマ。

 

上の画像は当サイト経由で非常に女性から支持されている美容効果が期待出来る青汁の【ふるさと青汁】は、国内産の植物から製造・販売されている日本の青汁です(^^)

 

このように公式サイトに【どこ産の植物を利用している青汁なのか?】が記載してある青汁は安心出来、過度な農薬を利用してない事から、妊娠中でも安心して飲む事が出来ますよねヾ(*´∀`*)

 

ノンカフェイン・カロリーが低い青汁

クマ医者さん
ノンカフェインは必須項目だクマ。

 

上でも紹介しているようにカフェインは腸のぜん動運動を活発化してくれる効果があり、慢性的な便秘解消効果を期待して飲むのであれば、カフェイン配合青汁は有効ですが、妊娠中に飲んでしまうと流産の危険性が高まる事からおすすめ出来ません(*^^*)

 

また飲みやすく甘い青汁として販売されている商品の多くは、過剰に糖分を使用している可能性が高い事から、妊娠中は甘さ・飲みやすさでは比較せずに、これから生まれてくる子供の為に良い栄養成分を取り込む事が出来るのか?のみで青汁を選んでください(^^)

 

ミネラル成分・栄養価の高い青汁

クマ医者さん
妊娠中に特に必要な栄養成分は決っているクマ。

鉄分が豊富に配合されているか?

葉酸を豊富に取り込む事が出来る青汁か?

植物性タンパク質は配合されているか?

 

この中でも注意して欲しいのが植物性タンパク質と動物性タンパク質の違いです。

タンパク質は赤ちゃんのカワイイ体を生成する上でとても重要な栄養成分ですので、お医者さんにも意識的に取り込む必要があると指導されていると思います。

 

確かに動物性タンパク質は、アミノバランスが豊富で非常に栄養価の高い成分ですが、同時にカロリーも多く配合されている為、カロリー値が低い青汁の大麦若葉・明日葉等に多く配合されている植物性タンパク質を取り込むようにしましょう(^^)

 

貧血気味のあなたは葉酸配合青汁がおすすめ

ferki4300

クマ医者さん
妊娠時の必須成分クマね。

 

葉酸とはビタミンB郡の一種でもあり、赤血球を生成してくれる働きが期待出来る事に加えて、母子手帳に胎児奇形防止の為に1日400μg程度の必要だと記載されている程、妊娠時に必要なとても重要な成分。

 

最近では妊娠時の葉酸摂取の為にサプリメント等が多く販売されている傾向に有りますが、青汁に配合されているビタミンB6と一緒に体内の取り込む事によって、より良い相乗効果が期待出来る成分なのです!

 

 

妊娠中に飲むべき青汁の選び方〜まとめ

fajifrji3232gajip

国内総生産されている青汁

甘みが少なく、栄養価の高い青汁

抹茶・緑茶等カフェインが配合されていない青汁

継続しやすいように、比較的価格が安い青汁

葉酸が豊富に配合されている青汁

クマ医者さん
青汁は飲み続ける事によって、より一層の栄養成分を赤ちゃんに伝える事が可能なんだクマ。

 

その為、継続して続けやすい値段で販売されている青汁の中から比較・検討していくのが最もおすすめ出来る妊婦さんにおすすめ出来る青汁の選び方(^^)

 

中には口コミ評判が高い青汁で1ヶ月分/6,000円以上する商品もありますが、金銭的負担が原因で飲み続ける事が出来なくなっては全く意味が無い為、1ヶ月分/3,000円台で飲める青汁を導入すべきヾ(*´∀`*)ノ

 

シェアして頂くと更新頻度が劇的に向上します!