『水溶性食物繊維と不溶性食物繊維』一体どっちが便秘に効果的?

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”ishi.png” name=”クマ医者さん”]同じ食物繊維でも違う働きがあるんだクマ![/speech_bubble]

 

『便秘解消に有効な成分=下剤』と思われている人もたくさんいますが、下剤には腸のぜん動運動を半強制的に刺激する為、クセになりやすく飲み続ける事によって下剤無しでは排便し辛い体質になってしまう可能性があることから、少々注意が必要な製品でもあります。

 

そしてそんなメリット・デメリットが強い下剤に代わって最近便秘解消に有効と評判の高い成分が、野菜・フルーツ等に多く配合されている食物繊維!

 

自然由来の成分ですので、副作用等の危険性は全くなく、緩やかに排便を促進してくれる働きがある為、子供や妊婦さんは勿論の事、老若男女問わず誰にでも効果的な成分(^o^)

 

しかしながらそんな食物繊維には『水溶性食物繊維と不溶性食物繊維』の2種類があり一体どっちが私の便秘に効果的なのーー!?と頭を悩ませている人も決してあなただけじゃありません(*^^*)

 

そんな2種類の食物繊維の効果・成分等を知る事によって、あなたの便秘症状に合う食物繊維が分かる為、お金を無駄にする事なく最短であなたが求めている効果を得る事が出来るようになりますよ(^o^)

 

水溶性食物繊維の効果・特徴

便を柔らかくしてくれる働きがある

fajfiaji434030

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”ishi.png” name=”クマ医者さん”]普段からカッチカチの便に悩んでいるひ人に有効な成分だクマ![/speech_bubble]

 

水溶性食物繊維の最大の利点は、水分に溶けやすい性質を持った成分であり、排便を促進する働きというよりは、排便しやすい環境作りを生成する事に特化している成分なのです。

 

硬い便だと通常より強い力で排便しようとあなたも試みた事もあるかと思います。

そんな硬い便に悩んでいる人にとっては便を柔らかくしてくれる働きが期待出来る水溶性食物繊維が非常に効果的なんですね♪

 

腸内環境を改善してくれる働きも期待出来る

便秘になってしまう原因の一つに、生活習慣の悪化・栄養不足等で起こる腸内環境の悪化が挙げられます。

この腸内環境が悪化してしまうと、腸のぜん動運動が低下してしまう為、便秘になりやすいことは勿論の事、便が腐敗することで、口臭・体臭の原因になってしまう可能性が高くなってしまうのです。

 

そこで非常に有効な成分として知られているのが腸内環境を改善してくれる『善玉菌』

 

生活習慣の悪化により腸内環境に悪影響を与える悪玉菌が大量に発生しますので、善玉菌を取り込む事によって悪玉菌を撃退してくれる為、腸内環境を改善したいなら必要不可欠な成分でもあります(*^^*)

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”ishi.png” name=”クマ医者さん”]善玉菌を増やす方法は主に3種類だクマ![/speech_bubble]

乳酸菌を取り込む

オリゴ糖を取り込む

水溶性食物繊維を取り込む

つまり一般的に便秘解消に有効と言われている乳酸菌・オリゴ糖と水溶性食物繊維は同様の働きが期待出来る成分でもあるのです(^o^)

 

 

不溶性食物繊維の効果・特徴

水分を吸収して便を大きくさせ、通常より早い段階で排便を促進してくれる

439439fafjijimisaq

 

一部の野菜やお米・芋類等に多く含まれている不溶性食物繊維は水溶性食物繊維と違い、非常に水分に溶けにくい性質の食物繊維です。

上でも説明している通り、この不溶性食物繊維は水分に溶けにくいばかりか水分自体を集め、吸収する性質があり、水分を吸収した不溶性食物繊維は便に付着し、便の大きさ自体を肥大化させる性質を併せ持っている為、普段よりは早い段階で排便する可能が可能なのです。

 

また水分以外にも腸内に付着している細菌・宿便等にも反応し、吸収する為、結果的に腸内環境を改善してくれる働きも合わせ持っているのです(^o^)

 

ダイエット効果も合わせて期待出来る

上で細菌・宿便等も不溶性食物繊維に付着し、便と一緒に体外に排出してしまう役割がある事を紹介している通り、食事等の糖質も吸収してくれる働きがある為、間接的にダイエット効果の働きも期待出来るんです♪

また食物繊維には食べ物を分解してくれる酵素も含まれていることから、基礎代謝向上効果も得る事が可能で、体内に付着している脂肪成分も当時に分解してくれる働きがあります(^o^)

 

食べ過ぎると反対に便秘になってしまう事もある少し注意すべき成分でもあります

kodeji

 

そんな水溶性食物繊維より排便促進効果の働きが強い不溶性食物繊維ですが、一時に大量に摂取してしまうと、便が肥大化し過ぎてしまいことで腸のぜん動運動では押し出す事が難しくなってしまい、結果的に便秘につながってしまう可能性があります。

 

便秘解消効果のみならず、ダイエット効果も同時に得る事が可能な不溶性食物繊維ですが、あくまで常識の範囲内で取り込む事が重要なんです(*^^*)

 

「便秘に効果的って聞いたから野菜ばっかり食べていたのに反対に便秘になっちゃった・・・」

なんて悩みを抱えている人は私の周りにも居ますが、この行為こそまさに【不溶性食物繊維ばかり取り込んだ事による便が肥大化してしまった副作用】ですね(*^^*)

 

 

便秘解消効果を期待して飲むならどちらが効果的?

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を意識的に取り込む事が重要!

439a

 

上で説明している内容を踏まえて考えると、水溶性食物繊維・不溶性食物繊維にはメリット・デメリットがある事が確認して頂けるかと思います。

メリットデメリット
水溶性食物繊維便を体外に排出し易い働きあくまで排便し易い環境を生成する事に特化した成分
不溶性食物繊維排便促進効果の働きがある過度に摂取すると、便秘の原因に繋がる

 

つまり、どちらが良い・悪いという話しじゃなく両方の食物繊維を摂取する事が重要で、あなたが便秘解消を期待するのなら水溶性食物繊維・不溶性食物繊維のいずれかが不十分だと食べ物だけであなたの慢性的な便秘を解消することは難しいでしょう(*^^*)

 

 

どんな食べ物に多く食物繊維が含まれているの?

[table id=6 /]

※参考  日本食品標準成分表2010

 

数ある食物繊維量が豊富に配合されている食べ物を厳選して上の表にまとめてみましたが、圧倒的に食物繊維がバランス良く配合されているのが、青汁の定番植物として有名な【大麦若葉】でした(^o^)

 

大根等やごぼう・芋類等にも多く配合されていますが、一般的に知られている食物繊維が多い食べ物の約2倍の量が含まれている為、非常に便秘解消に有効な植物であることが分かりますよね(^^)

 

また大麦若葉には食物繊維の他に血糖値の上昇を抑える働きがある鉄分も豊富に配合されている事から、定番栄養補給成分として非常に人気が高いのも納得♪

鉄分補給におなじみのほうれん草は実は食物繊維量は低い事も知る事が出来ましたね(^^)

 

 

便秘解消におすすめ出来る食物繊維配合商品は何?

98fau

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”ishi.png” name=”クマ医者さん”]大麦若葉配合は苦味成分が少ないことでも業界内では有名だクマ![/speech_bubble]

 

一般的に連想される大麦若葉配合商品と言えば、どこでも簡単に取り込めるサプリメントでしょうが、あくまでサプリメントは大麦若葉成分しか配合されていない事もあり、便秘解消効果に加えて、総合的な健康を意識しているあなたには少し不十分な製品でしょう。

 

それに引き換え大麦若葉配合青汁は、大麦若葉をメイン成分に配合して美容効果がある明日葉・ダイエット効果の働きが強い桑の葉等、他の健康効果も期待出来る為、バランス良く健康を意識しているあなたが選ぶべき商品なのでは?

 

青汁の健康効果・美肌効果は日本在住の人なら全ての人が理解している程の認知度の高い商品ですので何かと安心感が違いますし、従来の青汁は『苦味成分が強い』と認識されていたようですが、最近販売されている人気青汁は非常に飲みやすいフルーツタイプの青汁等、子供でも飲みやすい商品が数多く販売されています(^o^)

 

aozirurrea

 

青汁自体に強い抵抗ある人は子供やお年寄りにも人気が高いゼリータイプの青汁を導入すべきでしょうね(^^)

数は少ないですが、全額返金制度を採用している青汁もありますので『本当に青汁を飲み続けられるか不安・・・』なあなたでも安心して導入してもらえるはず(^o^)

大麦若葉が配合されている青汁一択!

便秘解消には大麦若葉!

大麦若葉は青汁で取り込むべき!

大麦若葉を始めとした栄養成分が豊富に配合されている!