1. ホーム
  2. ピッタリ!な青汁の選び方
  3. ≫【安い青汁と高い青汁の違い】効果に差ってあるの?

【安い青汁と高い青汁の違い】効果に差ってあるの?

青汁には、毎日の食生活で補う事が難しい野菜栄養成分が豊富に含まれている昔から健康ドリンクとして圧倒的人気の高い飲み物です(^^)

そんな青汁を健康維持目的で飲み始めたいと考えて、インターネットで評判の高い青汁を探した貴方は、おそらくビックリしたに違いないでしょう。

そう、販売されている業者によって青汁の値段が全然違うんです(´;ω;`)ウッ…!!

 

近所のドラックストア等で青汁の値段を確認すると300円程度で購入出来る商品も多いかと思いますが、インターネット経由で青汁を探してみると、平均4,000円・中には1ヶ月分が6,000円近くする青汁もあったりと、正直何がなんだか分かりませんよね( ˘ω˘)

  • どうしてこんなに青汁の値段に差があるの?
  • 安い青汁と高い青汁との違いは?
  • 効果に差があったりするの?

等、青汁を飲もうと考えている貴方の疑問を解消出来れば幸いです。

値段が安い青汁と高い青汁との違い

店頭販売されている青汁か通販限定販売の青汁

青汁はお店で買うべき?
店頭販売されている青汁は比較的安い場合が多いよね♡

 

青汁を売ってる場所ってドコなの?の記事で、3箇所の青汁購入方法について解説していますが、その中で一番安く青汁を購入出来る販売店が店頭販売で青汁を購入する方法になります。

店頭販売されている青汁は、基本的に1日分・もしくは数日分の少量パックとして販売しているケースが多い為、必然的に値段も安くなるわけなんです(^^)

特にコンビニで簡単に購入出来る青汁は、100円程度で購入出来る商品が非常に多いことから興味本位でコンビニ青汁を買った経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

そして反対にインターネット経由で青汁を購入する方法は、青汁を継続したいと考えている方をターゲットにしている場合が大半ですので、店頭販売より内容量が多く基本的に1ヶ月分の青汁をまとめて購入出来る商品が多いです。

 

つまり第一の安い青汁と高い青汁との違いは、販売ターゲットが違うことによる値段設定と考えるべきでしょう。

 

植物産地の記載が不十分の青汁が多い

高い青汁は生産地がキチンと明記されている場合が多い
あまりにも安い青汁はどこで栽培された植物か不明な場合が多いんです・・・

 

安い青汁も高い青汁も、美容効果・健康効果が期待出来る植物が豊富に含まれている事に変わりありませんが、あまりにも安過ぎる青汁は植物の産地を記載していない、または濁している場合があります。

つまり日本国内で販売・製造している青汁だからと言っても植物の原産地が日本じゃない可能性が高いという事です。

 

国内でキチンと検査されている青汁には違いありませんので、過剰に心配する必要は無いのかも知れませんが、栽培する段階で過剰な薬品を投入している可能性もありますので正直不安ですよね(´;ω;`)ウッ…

しかしながら、画像で紹介している全て国産植物を利用しているふるさと青汁は、業界の中でもトップレベルに安いのにも関わらず、月額3,400円で利用可能な比較的安い青汁ですので、「過剰に安い青汁は注意した方が良いよねっ」というレベルです。

 

あまりにも安い青汁(店頭販売されている100円〜300円程度の青汁)は大量生産が影響して、薬品を利用しているケースがある事を頭の隅に置いておいた方が良いでしょうね( ˘ω˘)

 

含まれている植物量・栄養成分の違いで効果が変わってくる!

値段も高さもある程度は参考材料になるよ♡

 

【安い青汁=効果なし】と決めつけるのはあまりにも単純な考え方ですが、値段が安すぎる青汁には植物成分量が少ない場合が多いのもれっきとした事実なのです( ˘ω˘)

青汁は飲み続ける事で少しずつあなたが期待している効果を得ることが可能な健康ドリンクですが、残念ながら含まれている野菜栄養成分量によっては、いつまで経っても満足出来る効果を感じれない場合があります。

 凄く安い店頭販売青汁平均的な値段の青汁
 含まれている植物1種類が大半3種類以上
他成分なし乳酸菌や酵素等、サプリとして人気の高い成分を追加。

 

安すぎる青汁と、平均的な値段(1ヶ月分3,500円〜4,500円程度)の青汁を仮に分身した自分が同時期・同じ飲み方で数ヶ月間飲んだと過程するなら、やはり青汁の効果をより多く体感出来るのは、含まれている植物成分量が多い平均的な値段の青汁ですよね(^^)

勿論あなたの健康状態によって安過ぎる青汁でも効果を感じれるかも知れませんが、「1種類の植物と3種類以上の植物を取り込むとどちらがより効果的なのか?」と考えれば、自然と答えは出てくるはず。

 

安い青汁は確かにコスパの良い学生に人気の青汁ですが、どうせ飲むなら品質の高い青汁を効率よく飲みたいですよね(^^)!!

含まれている植物によって効果は異なりますが、バランスよく青汁の効果を感じる為には安過ぎる青汁は避けた方が賢明でしょう。

安過ぎる(300円以下)は植物以外にかさ増し成分が入ってる事も多いしね・・・

 

高い青汁がおすすめ!・・・と言ってもそこまで高くないんです!

ふるさと青汁
2016年あたりから評判の高い青汁がお求めやすい価格でリニューアルされました♡

 

今までは店頭販売されている栄養成分量が少ない青汁と、1ヶ月分/5,000円近くする商品の2極化でしたが、1年程前から1ヶ月分/3,500円程度で口コミ評判の高い人気青汁が利用可能になりましたヾ(*´∀`*)ノ

店頭販売されているペットボトルタイプの青汁は価格は確かに安いのですが、1日分として計算すると1日/80円〜100円程度とあなたが想像している以上に安くありません( ˘ω˘)

 

その点コスパに優れた青汁して人気の高いふるさと青汁でしたら、3,240円÷30=1日分108円と、店頭販売されている青汁と正直値段にそこまでの違いはないんですよ(^^)!!

あまりにも安過ぎる店頭販売されているような青汁を毎回毎回購入するより、同程度の値段で栄養成分が圧倒的豊富なインターネット経由で購入した方が結果的にお得に青汁の健康効果を得られる可能性が高まります。

  • あまりにも安過ぎる青汁は得られる効果が少ない可能性あり!
  • 青汁の値段は3ヶ月間の合計費用で計算すべし!
  • インターネット経由の青汁は高いと勘違いされやすいが、継続すると割引してもらえるプランが多い!

 

品質◎!合計費用が安いのに効果抜群の人気青汁ランキングを見てみる。

シェアして頂くと更新頻度が劇的に向上します!