1. ホーム
  2. 【種類・原料別】青汁に配合されているおすすめ原料一覧
  3. 効果から青汁を比較〜栄養成分〜
  4. ≫錠剤(タブレット)青汁と粉末青汁との効果の違いを確認

錠剤(タブレット)青汁と粉末青汁との効果の違いを確認

全く新しい形状の錠剤(タブレット)タイプの青汁について♥

 

商品によってはアンチエイジング効果が期待出来る植物が10種類以上も配合されており、昔から日本人の健康ドリンクとして親しまれてきた青汁ヾ(*´∀`*)ノ

女性は勿論のこと、野菜不足の男性にも非常に人気が高く、毎日汗水垂らして働く男性の健康をサポートしてくれる青汁の一般的に知られている形状とは、野菜ジュースのようにゴクゴク飲めるお水等で割って飲む粉末青汁ですよね?

青汁製品の中でも粉末タイプの青汁が約90%以上とほとんどの青汁購入者が【青汁=液体タイプ】と認識しているようですが、数年前から爆発的に人気急上昇の錠剤(タブレット)タイプも決して忘れてほしくない人気の青汁製品の一つですっ!

  • 錠剤タイプの青汁とは一体どんな青汁?
  • 状態タイプのメリットは?
  • 錠剤タイプで飲む青汁の効果ってなにがあるの?
等、あなたが疑問に感じている事と定番青汁商品の粉末状青汁との効果の違いについて知ることで、あなたと一番相性の良い商品がきっと見つかります(^o^)

 

青汁錠剤(タブレット)のメリット・デメリット

青汁の苦味が苦手な人でも簡単に飲める!

dmeidekooadeji
苦味が苦手な人は迷わず錠剤タイプね♥

 

一般的に販売されている青汁の多くに栄養価の豊富な植物が配合されている以上、ある程度の苦味成分がどうしても配合されてしまいます(*^^*)

この苦味成分が理由で青汁を購入しない方が一定数いるくらい【苦手な人は絶対無理っ!】な青汁ですが、そんな青汁に強い抵抗を持っている人にこそお勧めできる商品が錠剤タイプの青汁なんですヾ(*´∀`*)ノ

 

錠剤タイプの青汁でしたら、カプセル内に青汁の苦味成分が濃縮されていますので、青汁特有の苦味成分の感じることなく飲むことが可能。

そのため錠剤タイプの青汁には粉末状の青汁にあまり含まれないような強い苦味成分を持ったケール等の植物が多く配合されており、全く苦痛に感じることなく豊富な青汁の栄養成分を摂取することが可能な唯一の商品なのです。

 

1粒自体は栄養成分が少ない為、1日にたくさん飲む必要がある・・・

ureshiiashitaba

 

一般的に販売されているサプリメント商品の中には、1日1粒だけ飲めば良い商品もありますが、青汁が配合されている錠剤タイプは、1日3粒から8粒程度飲む必要があるため、正直なところ少し面倒くさいと感じてしまうのが唯一のデメリットですね。

人気青汁錠剤タイプでもある、嬉しい明日葉を例に出しますと、1ヶ月分の容量として240粒配合されていますので、1日あたり8粒飲む計算になります(*^^*)

 

朝昼晩と3回に分けて飲んだとしても、一度に飲む青汁は3粒となり、やはりめんどくささが勝ってしまう可能性が高いのが残念なところですよねw

青汁は飲んでから直ぐ効果が表れる医薬品錠剤とは全く異なりますので、全ての青汁に共通する事ですが、最低でも飲んでから3ヶ月間は仮に何も効果が無くても青汁の栄養成分を体内に取り込む必要がある為、錠剤タイプを飲む事自体に面倒くささを感じてしまい、途中で辞めてしまって今までの苦労が完全に水の泡になってしまう事も・・・

錠剤を飲むだけの簡単商品ですが、一番挫折してしまう可能性が高いのもまた錠剤タイプの青汁なんです( ˘ω˘)

 

青汁錠剤(タブレット)と粉末青汁との効果の違い

飲む場所を選ぶ粉末タイプと飲む場所を選ばない青汁錠剤(タブレット)

10
忙しいビジネスマンに人気が高いのは錠剤タイプ♥

 

粉末状青汁はお水や牛乳の割り物を利用することで青汁の栄養成分を取り込む事が可能な商品ですので、主に自宅でのみ飲むことが可能な商品と考えて間違いないでしょう(^o^)

また【割り物を利用して飲む=コップ】が必要となり、洗い物が余分に増えてしまいますよね・・・

 

その点錠剤タイプでしたら、文字通りただ単純に粒タイプの青汁ですので、職場のみならず学生さんでしたら授業中でも簡単に青汁栄養成分を取り込む事が可能♪

一人暮らしの息子・娘の栄養の為に青汁をプレゼントするなら何が良い?で親御さんが子供を想い、青汁製品を贈りたいと考えている場合でも非常に人気の高い商品がこの錠剤タイプの青汁(^o^)

 

若い人は特に青汁の苦味に強い嫌悪感を抱いている場合が多い為、錠剤タイプの青汁と非常に相性が良いでしょうね(^^)

鞄にスッポリと収まる小型パッケージのおかげで出張等忙しい毎日を慌ただしく過ごしている旦那さんの為に錠剤タイプをプレゼントしたいと考えている主婦層にも人気が高いのも納得出来ます(^^)

 

効果は販売されている商品によって様々

肝心の効果は錠剤タイプだから・・・粉末タイプだから・・・って事はなし!

 

粉末状タイプと錠剤タイプの効果から自分が求めている効果が期待出来る商品の導入を検討している人には申し訳ありませんが、青汁形状はあくまで形状での飲み方の違いのみですので、効果については配合されている植物栄養素によって変動します(^^)

しかしながら粉末状タイプの青汁の方が販売されている種類が多い事もあり、お通じ改善効果・美肌効果が期待出来る商品も粉末状青汁の方が圧倒的に多く値段・味等、様々な要素で比較出来ることから、粉末状タイプ・錠剤タイプどちらでも構わないと考えているようであれば、粉末状青汁から選んだ方が良いでしょう。

 

錠剤タイプの青汁には配合されている植物が粉末状青汁と比較して種類が少なく、バランスよく総合的な健康効果を感じたいと願う場合でも粉末タイプの青汁の方があなたが求めている効果を得ることが出来るでしょうヾ(*´∀`*)ノ☆

おすすめ粉末状青汁

 

青汁錠剤(タブレット)でどーしても得たい効果とは?

010
この成分のみは錠剤青汁で取り込むべき♥

 

粉末状青汁にも多少含まれていますが、1日に必要な量を摂取出来る青汁商品は錠剤タイプ以外にありません。

その成分とは【鉄分・葉酸】成分!

妊娠中は勿論のこと、女性に多い立ちくらみは鉄分不足が非常に関係しており、この必要な鉄分を取り込む事の出来る唯一の青汁製品が錠剤タイプの青汁に多く配合されています(^^)

また薄毛対策なら青汁で栄養補給する方が重要【育毛剤は効果なし?】にて詳しく説明していますが、鉄分を意識的に取り込む事によって薄毛対策としても有効なのです(^o^)

【薄毛対策=育毛剤】と思っている人も多いようですが、一般的に販売されている育毛剤の多くが頭皮改善に効果的な栄養成分のみしか配合されていないことも踏まえて考えると、青汁に配合されている鉄分でも充分に対策として有効なのではないでしょうか?

 

 

錠剤(タブレット)青汁と粉末青汁との効果の違いを確認・まとめ

違い一覧
  • 錠剤タイプの青汁には多く鉄分・葉酸が配合されている。
  • 色々な種類の中から選びたいのであれば、間違いなく粉末状青汁。
  • 手軽さを求めるなら錠剤(タブレット)タイプの青汁から選びましょう(^o^)
  • 効果の違いは配合されている植物の違い。
好きな商品を選んでね♥
[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

[/wc_column][/wc_row]

 

 

シェアして頂くと更新頻度が劇的に向上します!